2021.10.03 Sun

長年愛され続ける、“町の和菓子屋さん”を目指して





「昔から愛される和菓子をどこよりもおいしく」と店主・西森敬祐さん。四条堀川[亀屋良長]や出町柳[出町ふたば]などの老舗で研鑽を積み、自身の店では大福やどら焼きなどなじみの菓子をそろえる。

中でも、特注の機械で作る団子は、素朴な見た目ながら、もち米の甘みそのままに、しっかりとコシを感じるひと品。今後は桜餅など季節ものを増やしつつ、贈答用の饅頭詰め合わせなども販売予定。

春限定三色団子ときんつば各180円。

きんつばは固めに炊いた粒あんを挟んでおり、「あんこの甘みと粒感をじっくり感じてほしい」と西森さん。
新たにどら焼きの発送もスタートするなど、今後の展開も要チェックです。




2021.1.8 OPEN
京都・西院
[まるに抱き柏](まるにだきかしわ)

☎075-748-9650
〈住所〉京都市右京区西院平町21
〈営業時間〉9:00〜18:00
〈定休日〉火&不定
〈クレジット〉不可
〈IG〉@maruni_dakigashiwa
〈アクセス〉各線西院駅から徒歩5分


写真/原 祥子
※この記事は、SAVVY2021年5月号からの流用です。

※掲載しているすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます

  • SAVVY online
  • 長年愛され続ける、“町の和菓子屋さん”を目指して