編集長のエディターズノート  #4

こんにちは(おはようございます、こんばんは、の方も)
SAVVY編集長・たけむらです。
 

緊急事態宣言が解除されてから約1カ月。
少しずつ、日常も戻りつつありますが、

まだまだ気をつけないといけないこともたくさんあります。

 

SAVVYも、取材活動ができなくなり、

5月23日発売号は、合併号ということで

1号お休みすることになりました。

 

4月と5月は、リモートでの作業(このブログとか)

やりつつも、会社での作業も少なからずありました。

 

いつもは人通りも車も多い四ツ橋筋が、

すっかり静かになって、まるで休日のよう。

 

こうやってWEBで、いろいろと発信もしていましたが、

もっとリアルで繋がれる何かがないか? と考えまして

微力(ホントに微力な気もします)ながら、

梅田特集号のポスターのリブートで

Fightポスターをデザイナーさんに作ってもらいました。

 

 

そして、大きく出力して、
編集部の窓に張り出しました。

こんな感じです。

張り出したのは5月の初め。

しばらく、何事もなく過ごしていたのですが

緊急事態宣言が解除されるか、されないか

くらいの時期でした。

 

ふと編集部の前のビルを見ると・・・

 

 

!!!

 

なんということでしょう。

見事な達筆でなにやら書かれています。

一瞬意味が分からなかったのですが、

こちらのポスターへのアンサーということに気づきました。

 

達筆っぷりを、

よく見ていただきたい。
どうぞ。

ファイト! 一発!

のアレですね。

 

どういう方が書かれたのか、どういう会社なのか

まったく分かりませんが。

編集部が、ザワっとしました。

 

いまも四ツ橋筋を挟んで

Fight! 一発

とエールの交換は続いています。

(ポスターで)


都会の片隅で繰り広げられた小話でした。

※掲載しているすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます